kusuri-2

アレルギー対策による顔のかゆみ撃退法

アレルギー対策は、顔の肌がかゆい時の対処法としても有効な場合があります。
様々な改善方法が考えられますが、かゆい症状を軽減させるために、アレルゲンを避ける、そしてアレルゲンを跳ね返る肌バリアを獲得するというアプローチがあります

アレルゲンの種類はたくさんある

大きく分けて食品性アレルゲン、吸入性アレルゲン、薬物性アレルゲンといった3つのタイプに分かれています。
吸入性アレルゲンで、最も厄介なのが、ハウスダストのダニによるものです。
家内だけでも生息するダニの数は、30種類以上と多くなります。食物アレルゲンとも呼ばれるのが、食品性アレルゲンです。
小麦粉をはじめ、落花生や卵、小麦粉や牛乳は、五大アレルゲンと言われています。薬物性アレルゲンは、I型アレスギーだけでなく、多数のパターンがあります。

刺激になるアレルゲンを取り入れない

アレルギー症状と上手に付き合うためにも、刺激の要因となるアレルゲンとは、できるだけ取り入れないことが大事です。
ぶつぶつができて顔がかゆい時には、特にアレルギー症状が出やすいものは控えるべきです。
かゆいのを我慢しても、寝ている時に無理にかじってしまうケースもあります。
気がついたら、みみずばれ状態では、自体は悪化するばかりです。
食事では、エビなどでアレルギーが出ることもありますから、自分のタイプを理解しておくことも必要です。
猫の毛で刺激になることもあります。
食事と生活習慣を見直して、アレルゲン肩出来るだけ自分を守ることです。

アレルゲンをはね返す丈夫な皮膚を

病院で処方される、かゆみを抑えるだけの薬剤だけではなく、基本的に健康な皮膚にしていくことも大切です。
肌を丈夫にするためには、栄養面にも着目し、ビタミンAや、ビタミンCなども積極的に摂取すると良いです。
肌が乾燥していると、健康的な皮膚は維持しにくくなります。
毎日優しい洗顔をして、しっかりと保湿ケアを行うことも大切になります。

顔がかゆい時に試してみたいスキンケア

「顔がかゆい」の原因が敏感肌=肌バリアの機能低下であるばあい、日々のスキンケアが有効かもしれません。
その場合は、バリア層サポートにすぐれた敏感肌用のスキンケア化粧品が最適です。

当サイトの特設ページにて、その解説をしています。
こちらをどうぞ→解説ページを見る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. face-16

    顔がかゆい時に試してみたい化粧品

    顔がかゆい、それは敏感肌かもしれません。それにマッチした化粧品によるスキンケアでスッキリすることもあ…
  2. hakui-2

    顔がかゆい? それは敏感肌かも

    蚊だとか日焼け後だとか、かゆくなる原因が思い当たらないのに顔がかゆい…それは敏感肌かもしれません。…
  3. sekken

    洗顔で顔のかゆみ対策

    顔のかゆみの原因に「汚れ」があります。それは単純な異物の場合もあるし、アレルゲン的な刺激物の場合もあ…