hakui-3

マラセチア毛包炎で顔がかゆい

顔に赤いボツボツができてかゆいと感じる時は、マラセチア菌が原因のマラセチア毛包炎の可能性があります。
マラセチア毛包炎は、ニキビに症状が似ていますが、原因が皮膚に常在しているカビが原因の皮膚病です。

ニキビと間違えやすいマラセチア毛包炎

顔に小さい赤いボツボツができてかゆいと感じることが多いため、ニキビと症状が似ているので、間違ったお手入れをすると悪化してしまう場合があります。
悪化すると痒みが強くなって、痛みを伴う場合があるので、放置をせずに早めに皮膚科に通院をして診察を受けることが大切です。

マラセチア菌とは?

マラセチアとは、顔や皮膚に常在しているカビの一種で、皮脂を好む性質があります。
湿気の多い時期や気温の高い時期に増殖をする傾向があるため、汗をよくかく時期は皮膚炎が悪化しやすい傾向があります。
カビが増殖して、アレルギーを起こすと皮膚にボツボツができたり、痒みがでたり、痛みを伴う場合もあります。

マラセリア毛包炎は病院へ行くべし

ニキビとよく似た症状なので、間違ったお手入れをしていると症状が悪化してしまうことが多いです。
痒みや痛みがひどくなってきたら、早めに皮膚科に通院をして医師に診察をしてもらって下さい。
この皮膚炎の治し方は、抗真菌薬を処方してもらえるので、しばらくの間続けていると、一ヶ月から2ヵ月ぐらい経過すると改善することが多いです。
皮膚かかゆいという不快な症状で悩んでいる人は、内服薬や塗り薬を処方してもらうようにして下さい。
普段の生活ではお肌に刺激の少ない基礎化粧品を使って、きちんと保湿をしておくことが大事です。

最後に

皮膚科に通院をして適切な治療を受けることで、症状が改善してきますが、湿気の多い季節や汗をよくかく時期は再発がしやすいので注意をするようにして下さい。
皮膚がかゆい時は、お肌に刺激の少ない無添加の化粧品を使用したほうが良いです。
マラセチアは皮脂を好む傾向があるため、普段から皮膚を清潔に保つようにしましょう。

顔がかゆい時に試してみたいスキンケア

「顔がかゆい」の原因が敏感肌=肌バリアの機能低下であるばあい、日々のスキンケアが有効かもしれません。
その場合は、バリア層サポートにすぐれた敏感肌用のスキンケア化粧品が最適です。

当サイトの特設ページにて、その解説をしています。
こちらをどうぞ→解説ページを見る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. face-16

    顔がかゆい時に試してみたい化粧品

    顔がかゆい、それは敏感肌かもしれません。それにマッチした化粧品によるスキンケアでスッキリすることもあ…
  2. hakui-2

    顔がかゆい? それは敏感肌かも

    蚊だとか日焼け後だとか、かゆくなる原因が思い当たらないのに顔がかゆい…それは敏感肌かもしれません。…
  3. sekken

    洗顔で顔のかゆみ対策

    顔のかゆみの原因に「汚れ」があります。それは単純な異物の場合もあるし、アレルゲン的な刺激物の場合もあ…