hakui-2

脂漏性皮膚炎で顔がかゆい

高温多湿の上に、紫外線が強くなる梅雨から真夏にかけては、肌がかゆいというトラブルを抱える人が多くなりますが、そんなケースは脂漏性皮膚炎も疑われます。
外気に触れている顔や頭皮などは、特に炎症やかゆみなどの症状が出やすいくなります。
この頁では脂漏性皮膚炎についてまとめてあるので、どうか参考にしてください。

顔がかゆい、脂漏性皮膚炎かも…

皮脂の分泌の多い鼻の周りや頭皮を中心として、赤い腫れなどを伴ってかゆみの症状が出てくると、この病気が疑われます。
皮膚が荒れてかさかさして、細かく剥がれて落ちることもあります。
頭皮に症状が出てくると、フケが沢山出てくるようになります。
当初の症状が他の皮膚炎と似ているので、気付かない場合がありますが、インターネットを検索するとこの病気にかかった人の皮膚の画像が出て来ますので、自分の症状と似ていると思ったら早めに医師に診察してもらった方が良いでしょう。

脂漏性皮膚炎の原因は?

原因として、従来はホルモンバランスの乱れやビタミンB不足、洗顔やシャンプーの際の洗い残しや洗いすぎが原因とされていました。
しかし、最近では、直接的な原因が、マラセチアと呼ばれるカビによるものだということが分かってきました。
マラセチアは誰の皮膚にもいる常在菌ですが、皮脂や汗などの分泌が増えると、それをエサにして急速に増殖して皮膚がかゆいという症状をもたらしたり、フケを増やしたりします。

脂漏性皮膚炎だと思ったら…

マラセチアの増殖を抑えないと根本的な治療は出来ないので、皮膚の赤らみやかゆみ、かさつき、フケが増えたなどの症状があったら、なるべく早めに医師の診察を受ける方が良いでしょう。
治療には、マラセチアの増殖を抑える抗真菌剤の塗り薬が用いられます。
また、シャンプーは低刺激性のものに変えるのも効果的ですが、抗真菌剤入りのものもあるので、医師や薬剤師に相談すると良いでしょう。
完治するには顔で2〜3週間、頭皮で4〜6週間と言われますので、すぐに治る訳ではないですが、根気良く治療すれば治ります。
自己判断で勝手に薬などを塗るとかえってかゆい症状が悪化する場合がありますので、医師に診察してもらうことをお勧めします。

顔がかゆい時に試してみたいスキンケア

「顔がかゆい」の原因が敏感肌=肌バリアの機能低下であるばあい、日々のスキンケアが有効かもしれません。
その場合は、バリア層サポートにすぐれた敏感肌用のスキンケア化粧品が最適です。

当サイトの特設ページにて、その解説をしています。
こちらをどうぞ→解説ページを見る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. face-16

    顔がかゆい時に試してみたい化粧品

    顔がかゆい、それは敏感肌かもしれません。それにマッチした化粧品によるスキンケアでスッキリすることもあ…
  2. hakui-2

    顔がかゆい? それは敏感肌かも

    蚊だとか日焼け後だとか、かゆくなる原因が思い当たらないのに顔がかゆい…それは敏感肌かもしれません。…
  3. sekken

    洗顔で顔のかゆみ対策

    顔のかゆみの原因に「汚れ」があります。それは単純な異物の場合もあるし、アレルゲン的な刺激物の場合もあ…