mizu

アトピーで顔がかゆい

顔がかゆいと、気になってストレスもたまってしまいます。
湿疹があったり赤くなっていると、メイクもしづらく、目立つので辛いものです。
そんな顔のかゆみの原因がアトピーだった場合の情報をまとめました。

顔がかゆい、これってアトピー?

アトピーが原因の場合、肌の赤味やかゆみが強く、目の周りや口の周りに多いのが特徴です。
湿疹というより、ただれたようになった「びらん」の状態も多く見られます。
放置しておくと、皮膚の表面が剥がれ落ちて、保湿してもひび割れのような状態になります。
そういったかゆみの直接的原因でよくあるのが、化粧品かぶれです。
化粧品に含まれる化学薬品で湿疹ができたり、炎症を起こすケースで、この場合には薬で治ります。
おでこや生え際のかゆみは、シャンプーやカラー剤が原因かもしれません。
洗い残しや、成分によるかぶれが考えられます。

かゆいだけではないアトピーの症状

アトピー肌の場合、非常にかゆいのが特徴ですが、かゆみの他の症状としては、掻くことで皮膚が分厚くゴワゴワした感じになり、かさぶたが出来ることもあります。
赤味のある湿疹、盛り上がりのある湿疹、水分の多い湿疹、しこりのような湿疹、びらんなどが見られます。
顔や耳、首、ワキの下、ひじや膝の内側・外側、ももの付け根に多く発症します。

アトピーの完治は難しい?

強いかゆみが長く続く場合や、よくなっては再発するのを繰り返している場合、前述した部位に湿疹が見られる場合には、早めに皮膚科を受診しましょう。
皮膚科での治療は、かさつきを抑えるための白色ワセリンや尿素を含む保湿剤と、炎症を抑えるステロイド剤が処方されます。
内服薬では、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬が処方され、抗炎症作用のある漢方薬が使われることもあります。
一方、自宅でできるセルフケアでは、清潔を心がけ、炎症を悪化させる黄色ブドウ球菌の増加を防ぎます。
皮膚のバリア機能が低下していますので、保湿剤などで保湿ケアをします。
ストレスも悪化の原因となりますので、規則正しい生活やバランスのよい食事、ストレスの適度な発散も心がけましょう。
完治は難しいかもしれませんが、症状を抑えることはできますので、気長に付き合っていきましょう。

顔がかゆい時に試してみたいスキンケア

「顔がかゆい」の原因が敏感肌=肌バリアの機能低下であるばあい、日々のスキンケアが有効かもしれません。
その場合は、バリア層サポートにすぐれた敏感肌用のスキンケア化粧品が最適です。

当サイトの特設ページにて、その解説をしています。
こちらをどうぞ→解説ページを見る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. face-16

    顔がかゆい時に試してみたい化粧品

    顔がかゆい、それは敏感肌かもしれません。それにマッチした化粧品によるスキンケアでスッキリすることもあ…
  2. hakui-2

    顔がかゆい? それは敏感肌かも

    蚊だとか日焼け後だとか、かゆくなる原因が思い当たらないのに顔がかゆい…それは敏感肌かもしれません。…
  3. sekken

    洗顔で顔のかゆみ対策

    顔のかゆみの原因に「汚れ」があります。それは単純な異物の場合もあるし、アレルゲン的な刺激物の場合もあ…